薬剤師のパート&派遣 - 自分に合った働き方を選ぼう!

薬剤師 パート → 薬剤師の働き方│派遣とパートを比較してみると

薬剤師の働き方│派遣とパートを比較してみると

薬剤師の働き方の1つに、派遣という働き方があります。正社員の求人を出しているもののなかなか人材が集まらず、派遣社員の採用を積極的に行っている職場もたくさんあるのです。
パートタイマーとして働く薬剤師について

パートやアルバイトと比べても自由な働き方ができる場合が多いので、ライフスタイルを優先させて働きたいと思っているのであれば、派遣として働くことも検討してみてはどうでしょうか。

派遣は、確かに正社員に比べると給料は低いです。しかし、派遣の薬剤師として活躍している人の中には年収700万円を突破している人もいるので、勤務時間などによってはかなりの高収入も期待することができます。

まず、派遣社員として働くメリットについてですが、自分の要望が通りやすいということが挙げられます。自分のライフスタイルを優先させることができるので、それに見合わない会社は断ることも可能です。

人によっては、短期のみ働きたいという人もいるでしょう。しかし、正社員やパートとして申し込みをすると、なかなか短期で辞めることはできません。派遣社員であればそういった要望も通ります。それと、残業がないというのも大きなメリットです。正社員として働く場合、残業をするのが当たり前というところもありますよね。

また、派遣というと保証がないイメージがあるかもしれませんが、福利厚生サービスが充実している派遣会社も増えてきました。そのため、安心して働くことができるはずです。

逆にデメリットとして挙げられることは、契約期間が延長されない場合があるということです。自分にとって良い環境が見つかったとしても、先方が契約延長を断ってきたらそこで働き続けることはできません。パートやアルバイトの場合は契約期間が定められていない場合が多いので、この点は大きなデメリットとなります。

また、契約期間中は例えその職場が合わないと感じたとしても辞めることができないと思ったほうがいいです。働きやすい職場かどうかというのは、事前に派遣会社から話を聞いてよく確認しておいたほうがいいでしょう。

病院薬剤師とはどんな仕事?

「医薬分業」前の病院薬剤師の仕事場といえば、調剤室でした。しかし、院外薬局による調剤がほとんどとなった昨今は、薬剤師の病棟業務の割合が格段に増えてきました。

具体的な仕事としては、病棟に入院している患者さんに服薬指導をしたり、その経過を観察しながら、医師と相談して違う薬を調合したり、子供やお年寄りなど薬が飲みにくいなどの訴えに応じて工夫したりなど、実際に患者さんと向き合っての仕事が多くなります。

このように患者さんと同じ目線で接することが非常に重要で、患者さんが何を望んでいるのか、何を訴えているのかを的確に把握する必要があります。いわゆる薬剤師も臨床の現場に出てきたということです。

病院薬剤師の仕事は、単に薬を調剤するだけにとどまらず、高度な知識が求められます。現代医療は、医師や看護師、医療技術師などさまざまな専門家がチームとなって治療に当たりますから、その中の薬剤師の役割も非常に重要になってきます。

病院薬剤師としてのメリットは、医薬品の調剤だけでなく医薬品管理、情報管理、薬剤管理指導などを行うため、専門性を高めることができますし、検査値やカルテと毎日接触しているため薬の副作用など、現場でしかわからない貴重な経験もできます。

ドラッグストアや調剤薬局に比べて、就業時間が短いという点では子育て中の女性にとっては働きやすい環境ともいえます。また、総合病院などでは、託児施設を設けているところも多いので、人気もあります。

デメリットとしては、医薬分業と病院の経営合理化が急速に進んでいますから、病院では薬剤師を定期的に採用するところが少なくなってきました。定年退職や結婚退職などで欠員が出た時だけ募集を行うといったケースがほとんどですから、調剤薬局のように求人募集が多いとはいえない状況です。

このため、病院薬剤師への転職を望むなら、いつ出るか分からない求人募集に目を光らせておかなくてはなりません。その点、転職サイトに登録しておくと病院薬剤師の募集が出た時に知らせてくれるのでとても便利だといえます。

パート薬剤師の転職 - 調剤薬局での仕事とは?